読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【効果抜群】人間関係がどうしようもなく辛い時におすすめの本

f:id:trendrush:20161206151935j:plain

人間関係がどうしようもなく辛い時におすすめなのが
小林正観さんという方が書いた本、

 

『この世の悩みがゼロになる』

 というタイトルの本になります。

この世の悩みがゼロになる←アマゾンで現在1円で購入できます^^

 

この中の言葉たちが実に悩みによく効くんです。

私も購入して読みましたが、特に人間関係で悩んだ時に【効く】と思いました。

 

それでは

【この世の悩みがゼロになる】の大事な部分を

まとめてみたいと思います。

 

⇒ここから

 

 1.悩み苦しみをゼロにする方法は、「気にならない心を持つこと」です。

 

その為には、

(a)『思いどおりにしたいという思い』をやめること。

(b)「感じない」「気にしない」自分をつくり上げてしまうこと。

(c)「受け入れる」こと。

 2.小林正観さんの所に来る人生相談の98%は、相談する本人自身の事ではなく、「自分の考えや価値観に会わない人を、どうしたらいいでしょうか?」というものだそうです。

 自分自身以外のものを、自分の思い通りにするという考え方を全部やめる。

 自分がどう生きるかだけをまず考えましょう。

 

 

 3.相手をまるごと認める

 


 すべての人間関係は、その人がその人であるという、その事をまるごと受け入れるということが大事です。相手をまる

 

 

ごと認めると楽になるのです。

 4.目の前のこと・人・ものを大切にする

 


余計なことを考えずに、自分が喜びを感じ、他人に喜ばれることを淡々と実行していくことが大事なのです。
 人生というのは、投げかけたものが返ってきます。投げかけないものは返らない。

 5.悟りとは受け入れること

 


一秒目、過去の全てを受け入れる。
 二秒目、現在の全てを受け入れる。
 三秒目、未来の全てを受け入れる。
 同じ現象をいやだ、嫌いだという側面ばかり見ないで、反対からの見方をしてみると面白い。色々なことに気付け、人

生が楽しくなります。内観もそのひとつです。

 

 6."must"君から"としこ"さんへ変身!

 


"must"君とは「ねばならない」ものを沢山背負って生きている人。
"としこ"さんは「とらわれない。しばられない。こだわらない」人。
この世にmustや雑用という仕事はない。他人の「元気」や「幸せ」を祈る、念を込める手段として、日常のすべてが存

在していると考えると良い。

 7.150%の投げかけ

 


「給料が安い」と不平を言い、それだけの仕事しかしなければ、おそらくそれだけのものしか返ってきません。100やっ

てくれと言われたことに対して120返す。150返す。その余分に返したものが、結局は自分の人生を組み立てていくこと

になるようです。

 8.投げかけたものが現在をつくる

 


今、目の前に起きている現象は過去の集積である。まず、感謝をしてみましょう。まわりの人に、家族に、社員に、商

品に。

 

 9.執着がなくなった人のことを、「ほどけた人」と呼び、それが「ほとけ」の語源。

 

「こうでなきゃならない。どう

してもこうなってほしい。」ではなく、軽く「そうなるといいな。嬉しい。楽しい。」と思うとよい。

 

10.人間の「あ・か・し」

 


(a)当たり前
 「雨が当たり前」「思いどおりにならなくて当たり前」と思うと、色んな事が楽しく、喜びが多くなる。
(b)感謝
 現象をなるべくプラスに評価する。感謝され喜ばれる側にまわってみる、実践してみるようにすると、喜びや、幸せが

 

多くなる。
(c)神秘性
 自分の無限の可能性を毎日発見していくようにすると、楽しみが増える。

11.「現象は中立」という世界に、色をつけている「私の心」

 


 絶対的な世界があるわけではない”中立”の世界で、それを「悲しい、嬉しい。好きだ、嫌いだ、・・・・」と、とら

えているのが「私の心」なのです。
その”中立の現象”を、できるだけ「嬉しい、楽しい、好きだ、・・・・」ととらえれば、今日以降はすべて幸せにな

ります。天国も、地獄も、青い鳥も幸せも、『全てあなたの心の中、受けとめ方次第』なのです。受けとめ方が最も重

要なのです。

 

12.どんな状況の時にも腹を立てない。怒らない。イライラしない。

 

 

常に「ありがとう」を言い、常に出てくる言葉が肯

定的であり、常に言動が人を和らげたり、穏やかにしたり、励ましたりする。
と同時に、トイレ掃除、水回り、風呂、洗面所をトコトンきれいにする。こういうことを、ただひたすらやり続けてい

る「実践者」のことを「人格者」と言います。

 

13.人格者にも落とし穴がある

 


「なぜ、他の人はそうならないのか。」と他を責めるという落とし穴です。悪魔の好む、憎しみや怒りが生まれます。
 「正義感」と「使命感」は、自分の中に感じ、自分に課して生きていくだけでいいのです。あまり振り回すと、周囲の

人が迷惑し、本人自身が損をするのです。

14.男はガキ大将、女は母親

 


 夫が好きでやっていることを、「わあ、素敵。わあすごい。」ともてはやしていると、その夫はどんどん伸びます。
 妻を「愛している」ことを言葉や行動で表現しましょう。夫婦仲がいいと全てがうまくいきます。
 親の方が器を広げて子供を丸ごと受け入れ、出来るだけ誉めて、喜びを与えつつ伸ばしましょう。

15.お金が入る方法

 


 自宅だけでなく外の分も含めて、トイレ掃除を一生懸命にする。不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句を言わない。宇

宙に対して、恨み言、呪い言、憎しみ言を言わない。避難、攻撃、中傷をしない。いつもニコニコしていて、自分が喜

ばれる存在でありたいと思いながら生きている。
 「お金が必要な時には来るだろうし、ない時はないということだろう。」とお金に執着していない。「どうしてもお金

がほしい」と思っている人にはお金は入って来ず、「お金が入ってこなくてもいい」と思っている人にはお金が入って

くるのです。

16.貧乏神と福の神は同じ神様

 


 自分の為にだけにお金を使う人には貧乏神が、人の為にだけにお金を使う人には福の神がついている。お金は皆のもの

と思って、みんなに喜ばれるような使い方をしたいと願っていると、仏さまは聞いて下さるようです。

17.強い立場になればなるほど、気をつけること

 


嫉妬心、自己顕示欲、復讐心の3つ。逆の「随喜功徳(人の喜びを共有し、我が事のように喜ぶ)」で、徳を積むとよ

い。

 

■まとめ

 

以上になります。

 

私は

1.ででてきた

(a)『思いどおりにしたいという思い』をやめること。

(b)「感じない」「気にしない」自分をつくり上げてしまうこと。

この二つができれば悩みなどなくなると

わかって実践してはいるのですが

 

現実はなかなかむずかしいですね^^

 

実際の本には

このまとめから
さらにくわしくいろんな事例をあげて紹介されています。